母性を仕事に活かそう

保育士や幼稚園教諭の不足

女性は多かれ少なかれ母性本能を持っているものであり、子供好きになるということはよくあります。それを仕事にしたいと考えると、一般的に知られている仕事として保育園や幼稚園に勤めるというのが真っ先に候補に上がるでしょう。どちらの現場でも、女性の方が安心感があると希望が多いことに加え、資格を有していることが働くために必要であることから、就職をする上では有利な選択肢になります。しかし、子供好きな女性が多いにもかかわらず、実際に保育園や幼稚園で仕事をしていこうという女性はあまり多くないのが実情です。この理由として大きなのは、自分が子供好きだと感じるようになるのが実際に自分の子供を生んでからという女性が多いということです。それまでは勉強や仕事あるいは遊びに忙しくて、あまり子供のことを意識しないままに大人になってしまい、結婚して子供を生むのに至りやすいでしょう。そのため、その時点から新たに資格をとって働き始めようとするにはややハードルが高く感じられてしまうのです。せいぜい子供と触れ合えるのは親戚付き合いであり、いとことの年齢があまり離れていなかったり、自分が長女であったりすると若いうちから小さい子供に触れ合える機会もあまりありません。そういった親戚付き合いがあまり活発でなくなってきている世の中の状況もあり、なかなか子供と向き合えるタイミングがないのです。こういった状況もあって保育士や幼稚園教諭は人材不足気味の状況が続いているようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です