母性を仕事に活かそう

女性の社会進出による少子化

働く女性にとっては子供を作るということは、女性としての憧れでもあるでしょう。しかし子供がいるということで自分の行動が制限されてしまうといったリスクを伴いますよね。それが理由となり、働く女性が多い現代では子供を作るのが遅くなりがちです。それが少子化の原因の一つになっているといっても過言ではないでしょう。昔に比べて色々と便利な世の中にもなっているので、子供を作ることで自分の行動が制限されてしまい、自由もきかなくなり、自分の為にお金を使う事もなかなかできなくなりなどのデメリットも出てきます。人一人育てるということはそれだけの覚悟がいるものです。不景気な今の世の中、自分達が食べていくのも必死な人もいます。そんな人に子供を作れという方が無理な話です。その結果育てられなくて育児放棄してしまう人もいる程です。ですが、子供は国の宝と言われています。国の未来を作っていく大切な存在です。その存在が減っていくということは、国の未来が危ぶまれる事態になります。今は自分が働く事で精一杯で子供の事など考えられないかもしれませんが、女性が子供を授かれる年齢はそう長くはありません。希望のあるうちに子作りをするという事も大事です。働きながら子育てをすることはどうしても難しい話ですが、子供はそれだけの幸せをくれます。その笑顔も為の頑張れるという事もあります。子供好きでなくても自分の子供は可愛いという程ですから、是非子供を作る事は考えて欲しいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です